ドローン点検

テラドローン株式会社と事業を開始

弊社は、国内外でドローン(UAV)測量、管制システム事業を展開するテラドローン株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:徳重 徹/以下、テラドローン)と事業を開始いたしました。 これにより、レーザー搭載UAVを用いた森林測量サービス、O&M(運転管理・保守運用)赤外線カメラ搭載UAVを用いた点検サービスをご提供しております。 ドローンと最新技術の組み合わせにより、太陽光発電に関わる一連の業務のコストカット・高品質化を実現しました。

1.レーザー搭載UAVによる、用地取得時測量
■メリット
・用地取得の簡易化
近年、未開発の平地域の減少により、山林域でのメガソーラー開発が進んでいます。山林域での正確な測量を実現するレーザー搭載UAVにより、用地取得にあたり正確な地表データを提供、より効果的なな意思決定をサポート致します。

■レーザーを用いた測量の2点の特徴
・樹木の下の地形を計測可能
従来の間接的な写真測量では計測が困難であった、樹木が生い茂っているような環境下でも、樹木下の地形の正確な計測が可能になります。

・密度が高いデータ
従来の写真測量と異なり地表マーカーを置く必要がなく直接計測可能なため、短時間での計測を実現致します。また比較的低空を飛ぶドローンを使うことにより、密度が高いデータを得ることができます。
2.赤外線カメラ搭載UAVによる、ホットスポット点検
・コストダウン
地上からの赤外線調査に比べ、1度に広範囲を点検できるため調査費用の削減につながります。またパネル面の汚れや雑草などによる影の影響箇所を細かく特定できるため、メンテナンスの効率化・計画的な保守運用が可能となります。

・利益損失の防止
パネルの不具合の早期発見・早めの対処で、発電量低下を防止。その他の点検では分かりづらいパネル単位での不具合を発見できることにより、発電低下原因が明確化され素早い対応を実現致します。
■ドローン(UAV)を用いた点検の2つの特徴
・上空からの赤外線カメラ映像の取得が可能となり、地上からでは撮影しにくい/撮影できない箇所の診断調査が可能となります。

・1度に広範囲の診断調査が可能となり、診断調査時間の大幅な短縮を実現いたします。
■空撮サービス(動画/写真)
・ご要望に応じ、空撮(動画・写真)も承ります。
ドローン空撮イメージ
お電話・メールでのご相談承っております。
お気軽にお問い合わせください。
Copyright© 2017 Backup System All Rights Reserved.